カルシウム吸収促進
CPPの構造と働き

CPPとは

CPP(カゼインホスホペプチド)は牛乳の主要タンパク質であるカゼインに酵素を作用させて得られる部分分解物です。カルシウム(Ca)を溶けやすい状態に保ち、小腸からのCaの吸収を助けます。

CPPの働き

ミネラルが吸収されるためには、溶けた状態のまま腸管内で存在することが必要です。摂取されたCaは、いったん胃で可溶化されますが、小腸下部に達するとpHが酸性から弱アルカリ性に変わり、リン酸イオンと結合して不溶性のリン酸Caが形成され、吸収されにくくなります。
CPPとCaを同時に摂取することで、小腸内におけるリン酸とCaの結合が抑制され、Caが吸収されやすい状態になります。(図1)

図1.Ca吸収のメカニズムとCPPの働き

カルシウム吸収率を40%向上<ラット出納試験>

CPPの添加量を変えた飼料でラットを飼育したところ、Caに対してCPP-IIIを0.35倍以上添加した群では、無添加群に比べてCa吸収率が約40%向上し、骨重量と骨Ca含量も増大しました。(図2)

カルシウム吸収率の低い方に最適<ボランティア試験>

閉経後の女性35人を対象として血中取込み試験を実施。Ca吸収におよぼすCPP効果を調べたところ、Caの吸収率の低い人ほどCPPの効果が顕著に現れ、Caの吸収率が高まりました。(図3)

カルシウム吸収促進
CPPの規格とご利用方法

種類と規格

商品名 明治CPP-II 明治CPP-III
外観・色調 白色または乳白色粉末 白色または乳白色粉末
水分 10%以下 10%以下
CPP含量(固形分換算) 12%以上 85%以上
苦味 わずかにあり なし
荷姿 20kgクラフト袋入 5kg/[1kg×5]カルトン入

目安使用量

CPPはカルシウム(Ca)と一緒に配合することで、Ca吸収を促進する食品素材です。CPP-IIIはCa重量の0.35倍、CPP-IIは2.5倍をめやすにご使用ください。

用途例

明治CPPは、健康志向食品の素材として飲料・菓子・冷菓・ジャム・デザートなどに幅広くご使用いただけます。また、明治CPPを使用したさまざまな食品が「ミネラルの吸収を助ける食品」として特定保健用食品に許可されています。

原材料欄への表示例

食品原料として使用する際には、原材料欄に下記のいずれかを表示してください。
・乳たん白分解物
・カゼインホスホペプチド(乳成分を含む)
・CPP(カゼインホスホペプチド:乳成分を含む)

ご注意

こちらの製品は業務用であり、一部の商品を除いて一般の方への販売は行っておりません。
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。