健康に役立つ新素材(機能性食品素材製品)
美容

ビートセラミドEX-1(グルコシルセラミド)

緑豊かな北海道で育ったてん菜(ビート・砂糖大根)から生まれた食品素材で、新しい美容素材として注目されています。ビートセラミドは、てん菜から抽出した脂質でグルコシルセラミドを1%含み、リン脂質・植物ステロールなど様々な植物性脂質も含有しています。
効用・成分
  • ・北海道産ビート使用
  • ・アレルゲンフリー

ビートの機能成分が豊富

北海道で契約栽培されたビートを使用。ビート根の繊維分(ビートファイバー)に微量含まれる脂質成分をエタノールで抽出し、これを粉末化してビートセラミドEX-1が製造されます。ビートに特有なグルコシルセラミド(右図参照)のほか、ステリルグルコシド(植物ステロール配糖体)やリン脂質などの機能性脂質を含有しています。

乾燥肌の改善

アトビー性皮膚炎様の症状を伴う乾燥肌モデルマウスにおいて、ピートセラミドは乾燥肌に顕著な効果を示しました。

※ヘアレスマウス正常群、乾燥肌発症群、ビートセラミド添加食群の3群で飼育、写真は8週目。
・浜松医科大学試験データ:K Kawano et at Phytotherapy Pesearch 27.775-783 l2013l より改変

紫外線からの肌ダメージ保護

マウス皮膚への紫外線(UV-B)照射により生じる肌ダメージに対して、ビートセラミド(経口投与)は顕著な保護効果を示しました。
1.初期に水分蒸散量の上昇を抑制し、その後の角質水分量の低下と、皮膚の厚化を抑制しました。
2.角質内の4種のセラミド(セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6)の減少を抑制しました。(グラフは代表例:セラミド2)

肌のハリ改善

ビートセラミドを摂取することで、肌のハリの改善が示されました。

※臨床試験は2重盲験で実地され、35〜50才の女性被験者の方に、ビートセラミドカプセル、またはプラセボカプセルのいずれかを8週間摂取して頂いた。
R2-R7はキュートメーターによる代表的な肌の弾力指標で、データは各被験者の摂取前後の変化量(差分)をプロット、プラスは改善したことを示す。
・同志社大学大学院生命医科学研究試験データ:M Hori et at Anti-Aging Medicine 7 (11) : 129-142,(2010)より改変

ご注意

こちらの製品は業務用であり、一部の商品を除いて一般の方への販売は行っておりません。
あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。